鍼灸治療所、蓬庵(よもぎあん)

今日は8月に入って初めての水曜日!
大学時代からの相方が先月開業届けを出し、今日いよいよ営業を始めました。

治療院の名前は『鍼灸治療所、蓬庵(よもぎあん)』です。
当面は水曜日と木曜日の9時~21時の開院らしいです。
場所は和歌山県橋本市の高野口。
このブログにもリンクを張っていますが、
ホームページとブログがあるので是非見てあげてくださいね\(^o^)/
ホームページ:http://yomogian2011.blog10.fc2.com/

ブログ:http://yomogian2011.web.fc2.com/index.html

院長の和田先生とは大学1年の時からの付き合いで、
『灸道部(きゅうどうぶ)』というお灸のクラブで一緒でした。
『やいとStation』の活動や、クラブ活動の忙しさの為、
大学生活の殆どを彼と一緒にすごしました。
それこそ、「あの二人できてるんじゃないか!?」という危ない噂が立つくらいに・・・。

院長の和田先生は
学生時代は、灸道部の部長を務め、
4年時には学会でポスター発表を行い、なんと優秀賞を受賞しました!
また学生時代から『ひよこ育成会』という勉強会にお手伝いで入り、
大学の4年間「お灸のプロを育てる『深谷灸コース』」を継続受講しました。

卒業して3年目になりますが、引き続き『深谷灸コース』を受講していて、
今年からは『ひよこ育成会』のスタッフとして頑張っておられます。
『灸道部』でお灸の勉強をして、『ひよこ育成会』でもお灸の勉強をしているので、
和田先生のお灸は一味違います。どう違うかは、是非体験してみてくださいね!

お灸だけではなく、卒後は中医学に基づいた治療を得意とする先生の下で
研修生を経てスタッフとして、現在も働いています。
中医学に基づいた治療ってなんぞや!?と思いますよね?(; ・`д・´)
少しの問診をした後、痛いところに鍼や灸をするのでは無く、
2時間ほどかけて問診して、しっかりと体の状態を把握して、その人の症状にあったツボに鍼や灸をします。

さらにさらに、子供用の刺さない針、小児はりも得意とされます。
自分は数回行っただけですが、『大師流小児はり』の勉強会にも行かれ精力的に活動されています。
小児はりについてのページも充実しているので是非ご一読下さい。
蓬庵、小児はりのページ:http://yomogian2011.web.fc2.com/syounihari.html

鍼灸整骨院などで、鍼灸をしてもらったけどいまいち効果がわからない。
電気針とかでは効果がわからない。
せんねん灸じゃなくて、昔ながらのお灸が受けたい。
子供がぐずって困ってる、ハリでよくなるって聞いたけど・・・。
西洋医学じゃなくて、東洋医学で治したい。

上記のような悩みがある人でお近くの方は是非『鍼灸治療所、蓬庵(よもぎあん)』へ!

今日は同級生で相方の和田先生の治療所
『鍼灸治療所、蓬庵(よもぎあん)』の紹介でした\(^o^)/

あっ!もしよければ安藤鍼灸院も、よろしくお願いしますね笑

ではでは今日も読んでくれてありがとうございました。

安藤鍼灸院 アンドゥー

安藤鍼灸院HP http://www.ando-hari-q.com/

メールでのお問い合わせは info@ando-hari-q.com

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする