けがしたフクロウ、はり治療で飛べるまで回復 スペイン

『けがしたフクロウ、はり治療で飛べるまで回復 』

【12月12日 AFP】スペイン・マドリード(Madrid)の保護施設で、誤って工場の排気管に飛び込んでしまい背中にけがをした雄のコキンメフクロウが、鍼(はり)治療を受けている。

約2か月前にマドリード西部の公園でフクロウ保護団体「ブリンサル(Brinzal)」が運営する施設に運び込まれたとき、体長25センチのこの小さなフクロウは立つこともできなかったという。

しかし、神経系を刺激する鍼治療を受けるうちに跳び歩けるようになり、10週間が経過した今では飛ぶことも可能だそうだ。

1989年に開設されたブリンサルの保護施設には、毎年およそ1200羽の鳥類が運ばれ、70%が回復して自然へ戻される。

鍼治療は6年前から行っているそうだ。

1974年に米国で設立された国際獣医鍼灸学会(International Veterinary Acupuncture Society)によると、動物を対象とした鍼治療は近年、世界的に増加傾向にある。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3034146より転載です。

ハリを打たれているフクロウの写真は上記サイトにて!

日本でも馬に鍼灸治療をしたとか言う話は聞いたことがありますが、海外でもあったんですね\(^o^)/

ちなみに日本では鍼灸師は、動物に鍼灸治療をしてはいけません(;^ω^)

たしか日本国内では、獣医師のみに許されてる行為です。

さらにちなみに、医師免許保有者であれば、人に対して鍼灸治療は可能です。

鍼灸師の免許は必要ありません(´・ω・`)

実際にやる先生は少ないですけどね(; ・`д・´)

【和歌山県有田郡湯浅町の鍼灸専門治療院】
腰痛、坐骨神経痛、病院等で治らない痛みは当院まで!

■安藤鍼灸院
和歌山県有田郡湯浅町湯浅2128-5

■HP:安藤鍼灸院ホームページ

■アメブロ:【和歌山県湯浅町】安藤鍼灸院のやいとblog【鍼灸・小児はり】

■Facebookページ:安藤鍼灸院Facebookページ

■ご予約は
TEL:0737-64-0089

MAIL:info@ando-hari-q.com

■開院時間
月~金曜日 9:00~20:00
土・日・祝日 8:00~11:30
※土日祝日は勉強会の為休診になる場合があります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする