竹筒

深谷灸(ふかやきゅう)では、お灸の熱さを緩和するための灸熱緩和器として、竹筒を使用するのが特徴です。

my竹筒(大学時代に和田先生と一緒に製作

製作って言ってもただ便所ブラシを切っただけなんですけどね

竹筒

なんてことは無い普通の竹の筒です。

お灸が燃えきる手前で竹筒をかぶせて圧迫します。
(圧迫することが目的で、火を消してるわけではありません。)

そうする事で、お灸の熱が幾分緩和されるのです

竹筒2

何だかんだで長い間使ってるので、底面は真っ黒

深谷灸を行なう上では、無くてはならない大事な相方です

今日は深谷灸で用いる竹筒の紹介でした

今日も日記を読んでくれてありがとうございました

安藤鍼灸院 アンドゥー
安藤鍼灸院HP http://www.ando-hari-q.com/
メールでのお問い合わせは info@ando-hari-q.com

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする