色々な診断法-四診-

自分が治療する時に、色々な方法で患者さんの状態を把握します。

東洋医学でいうところの望診、聞診、問診、切診の4つを主に行ないます。

望診(ぼうしん)は字のとおり患者さんを見て情報を捕らえます。

顔色、皮膚の色、舌の色などを主に診ます。

無論筋肉の盛り上がり、傾きなども併せてみます。

聞診(ぶんしん)は字のとおり行くと問診とかぶりそうですが、患者さんの声の調子、喋り方、応答などを聞き、口臭、体臭などの匂いも把握します。

聴覚、嗅覚領域を用いた診断法です。

問診(もんしん)は西洋医学の病院でも行なわれるものと同じです。

職業、生活習慣、趣味趣向、好きな食べ物、嫌いな食べももの等様々な情報を収集します。

切診(せっしん)は体に触れて行なう診断法です。

脈を診たり、お腹を診たり、体の所々にあるツボの状態を触って診るのも切診です。

今回上げた、望診、聞診、問診、切診の4つを併せて四診と言い東洋医学で重要とされている診断法です。

また後日、それぞれの診断法についてまとめようと思います

興味がある方はまた読んでくださいね

今日も日記をよんでくれてありがとうございました

安藤鍼灸院 アンドゥー
安藤鍼灸院HP http://www.ando-hari-q.com/
メールでのお問い合わせは info@ando-hari-q.com

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする