お灸の回数も大事ですが・・・。

最近は「お灸女子」なんて言葉を新聞やテレビで、ネットで見ることが多くなりました。

そのせいか、本やネットでツボの位置を調べて自分でお灸をすえてる人が増えてるようです

お灸好きの私としては嬉しい限りです。

位置は本などでわかるようですが、

「自分でお灸をすえる時に、何回すえれば良いかわからない・・・。」

このような疑問を持つ方が大変多いようです。

当院ブログのアクセス解析ではこの疑問に関する言葉がダントツに多いです。

お灸の回数も確かに大事です。

でもその前に、皆さんはどうやってお灸をすえるポイント、すなわちツボを決めているのでしょうか??

本に書いてる位置をそのまま使ってる方も多いと思います。

確かにそのやり方でも効果は出るかもしれません。

でももっと効果を出す方法があります。

お手持ちの本に書いてるツボの周辺を押さえてみてください。

その時に他の場所を押さえた時と違う感覚のする場所があると思います。(イテテという痛い感じや、う~そこそこといったいた気持ち良い感じ)

まさにそこが『効果の出るツボ』になります。

※その日の体調によって異感覚がしない場合もありますし、ツボが前日と違う位置にある時もあります。

私たち免許を持った鍼灸師がすえる場合は、痛みだけでなく、ツボの冷温、湿り、張り、凹み等確認する項目は増え、それぞれすえ方が変わります。

ツボに上記の反応が無い場合、そこはツボではないのでお灸をしようが、鍼を刺そうが効果は出ないと私は考えています。

一般の方がすえる場合は上記の感覚はわかりにくいので、一番わかりやすい『痛みを感じる所』を目安にすえてもらうのが良いかと思います。

痛みを出してるツボは、多少無茶なすえ方をしても害になることは少ないです。
(この辺の話は長くなるのでまた後日。)

長々と書きましたが、

・お灸の効果をより高めようと思うと、ツボをきちんと取ることが大事!

・押さえて痛いところがツボ(ツボは体調によって移動する。)

まとめると上記2点が今回の重要ポイントです。

お手持ちにツボの本等が無い方は、とりあえず全身押さえてみて、痛い所を探してみてください。

これなら簡単にお灸をすえるツボが探せると思います。

本等の位置通りにすえるのも良いですが、痛い所を探してすえる方が効果が出ると私は思います。

お灸大好きな私のおススメのすえ方です。

今日も日記を読んでくれてありがとうございました

安藤鍼灸院 アンドゥー
安藤鍼灸院HP http://www.ando-hari-q.com/
メールでのお問い合わせは info@ando-hari-q.com

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする