おなか、ぐーぐー。

安藤鍼灸院では、鍼灸治療を受けている患者さんのお腹がぐーぐー鳴る事があります

お腹が鳴っている患者さんは恥ずかしいかも知れませんが、コレはとっても良い事です

お腹がぐーぐー鳴るのは、内臓の働きが活発になってる証拠です

内臓の働きを活発にさせるのは、『副交感神経』の働きです

自律神経って聞いたことがありますか?

人間は自律神経で体のバランスをとっていて自律神経には「交感神経」と『副交感神経』の2つがあります。

「交感神経」は体を戦闘体制にする神経。

心臓の鼓動を早めたり、血圧を上げたり、血管を収縮させてアグレッシブに動けるようにする神経系です。

ストレスがかかったり、緊張している時に働く神経系でもあります。

それと反して『副交感神経』は、体を休める時に働く神経です。

心拍が遅くなる代わりに、内臓の働きが活発になります。

血管も拡張されるので、栄養などが体に行き渡りやすくなり、体の回復が行なえます。

簡単に言うと、

「交感神経」は日中の活動的な時に働き、

『副交感神経』は夜寝ているとき、リラックスしている時に働く

という事ですね。

で鍼灸治療を受けている時に、お腹がぐーぐー鳴るのは体をリラックスさせる『副交感神経』が働いてる証拠なのです

体を回復させようっていう働きが活発になってる証拠なので、恥ずかしい事と思わないで下さいね

治療中のお腹ぐーぐーは、治療が効いてる証拠です

今日も日記を読んでくれてありがとうございました

安藤鍼灸院 アンドゥー
安藤鍼灸院HP http://www.ando-hari-q.com/
メールでのお問い合わせは info@ando-hari-q.com

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする