未熟。

突然ですが・・・。
自分は未熟です。
開業してる身でこういう事を言うとイケナイのかも知れませんが、
自分はかなり未熟であると思います。

先日かぶらを持って来てくれた患者さんが
今日は大根や、白菜を持ってきてくれました。
いつも美味しい野菜を持ってきてくれて非常にありがたいですが、
お金を頂いて治療をしているだけなので、少し申し訳ない気もしてしまいます

この事を治療中に伝えてみると、
「おまんは俺を一生懸命治してくれようとしてる。
いつも痛い所を聞いてちゃんと探して、お灸を何回もしてくれる。
他の所では、助手の人が痛い所も聞かずに先生が言った所に1つすえるだけや。
一生懸命してくれる御礼のつもりで持ってきてる。」
とのありがたいお答えを頂きました。

安藤鍼灸院では、お灸を1箇所に100回ほどすえる事があります。
毎回では無いですが、沢山すえます。
以前書きましたが、熱が体に入らないお灸は効果が出にくいです。
名人になってツボが旨く取れれば、
助手の人が1つすえるだけのお灸でも効果が出せるのかも知れませんが、
今の自分にはとても出来ません。

ツボを探すときに自分の力だけではわからない場合があるので、
患者さんに力を貸して頂きます。
「コレとコレ、どちらの方が痛い?」
「普段どういう動きで痛くなる?」など体を触りながら質問させてもらいます。
名人になれば、患者さんに聞かなくてもツボの位置がわかるかもしれませんが、
これもやっぱり今の自分には無理です。

未熟ゆえに一生懸命です。
患者さんからはお金と時間を頂いているので、
何か1つでも良くなって帰ってもらいたいです。
治ってもらいたいし、治したい。
まだまだ無力さに落ち込む事もありますが、
もしよければ力を貸していただいて一緒に治療していきましょう。

これだけ未熟と言うと、受ける方は不安になるかも知れませんね
不安にさせて申し訳ありません
『一生懸命』という言葉を言ってもらったので、
『一生懸命』にならざるを得ない状況を説明しようと思いまして・・・。
普通の事をしてるだけなんですよね。

普通の事をしてるだけで、感謝してもらえる職業って素敵
今日はちょっとまとまりの無い日記ですが、ココらへんで失礼します。

今日も読んでくれてありがとうございました

安藤鍼灸院 アンドゥー
安藤鍼灸院HP http://www.ando-hari-q.com/
メールでのお問い合わせは info@ando-hari-q.com

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする