鍼灸院が療養費不正受給1億1300万円

今日の治療中、患者さんから

「先生も大変ですね~同業者から変なのが出て・・・。」と突然言われました。

何の事かと思ったら、このNewsでした

和歌山市内の鍼灸しんきゅう・マッサージ治療院が、療養費の不正受給を繰り返したとして、和歌山県後期高齢者医療広域連合から約1億1300万円の返還請求を受けたことがわかった。

治療院は不正を認め、その後、廃業しているという。

同連合によると、この治療院は2008年4月~11年11月に施術した3819件について、療養費支給を申請する際、3か月に1度必要な医師の同意記録欄に、無断で医師の名前などを記入、患者負担金以外の保険適用分1億1300万円を受け取ったとされる。

昨年9月、不正請求が行われているとの情報を得た同連合が立ち入り調査したところ、不正受給を認めた。

ほかにも、介護施設への訪問職員数を実際より多く申請していたことを認めたが、記録が残っておらず、往療料の不正総額はわからないという。 (2012年5月30日 読売新聞)

和歌山市内の同業者なんですよね・・・。

以前にも新聞に載った同様の事件があったりして、同業者としては恥ずかしい気持ちが・・・

隣の市の施術所が、再同意を取らずに行なっていた事例も耳に入ってます

こういう事件があると、適切に保険診療をしていてもチェックが厳しくなったりするし、イメージの低下もあります。

自分たち鍼灸師が保険診療を行なう上では、医師による「同意書」が必要となります。

こういう事件が続くと、快く同意書を書いてくれている先生方はどう思うのでしょうか

違う所で頭が痛くなる~~

今日も日記を読んでくれてありがとうございました

安藤鍼灸院 アンドゥー
安藤鍼灸院HP http://www.ando-hari-q.com/
メールでのお問い合わせは info@ando-hari-q.com

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする