深谷灸について

自分が治療時に使う主軸の方法は『深谷灸法』の考えが元になっています。

深谷灸法(ふかやきゅうほう)とは、昭和の名灸師といわれた故・深谷伊三郎先生が40年有余年の臨床で中で、日本の書物だけでなく、中国の書物も合わせて研究し構築した灸法です。

『黄帝明堂灸経灸』、『名家灸選』、『灸法指南』等がそれらの書物にあたります。

深谷灸の特徴として

『透熱灸』・・・昔ながらの痕の残るお灸。

『遠隔取穴』・・・そこが悪いからと、患部に据えず離れた場所にお灸を据える。

例:腱鞘炎だからと手に据えずに、肩背部に据える。

『少穴多壮』・・・効果を出そうと思って沢山のツボにお灸をしない!少数のツボに数を多く据えて効果を出すようにする(多く据えると痕が増えるし、思ったより効果が上がらない。)

『特効穴・名穴を活用する』・・・腰痛に崑崙(外くるぶしの際)など、この疾患の時はこのツボ!といった必勝パターンが存在する。

忘れちゃならないのが、『竹筒』

竹筒についてはまた次回

後は、基本10項というのがありますが、これは以前日記で書きました

『灸法の基本10項』

今日は深谷灸についてのお話でした。

今日も日記を読んでくれてありがとうございました

安藤鍼灸院 アンドゥー
安藤鍼灸院HP http://www.ando-hari-q.com/
メールでのお問い合わせは info@ando-hari-q.com

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする