「はりだけ落ちる灸だけ受かる」

今日はこのブログのアクセスログを見てて思わず吹き出してしまいました(●ノ´з`)ノ<.∴;:゙;`ブーッ

「はりだけ落ちる灸だけ受かる」

この検索ワードで当Blogにお越し下さった方がいらっしゃるようです。

なんのこっちゃ?と思った方がいるかもしれませんが、かなり身内ネタですがツボにはまりました笑

どういう事か説明すると・・・

自分は鍼灸治療を行いますが、鍼灸を業(わざ)として行う場合には国家資格がいります。

また鍼灸を行う人の事を鍼灸師(しんきゅうし)と言います。

で俗に鍼灸師と言われてるんで、国家資格も「鍼灸師」という資格なのかと思われるかもしれません。

しかし実際は・・・

「はり師」と「きゅう師」に分かれているんです(´・ω・`)

だから両方の試験に受からないと、「はり師」もしくは、「きゅう師」として1年間生きていかなければなりません。

「はり」の技術は学校の授業でも力を入れて教えるんですが、「きゅう」の技術は「はり」に比べると力の入れ方が違います。

だもんで、「はりだけ落ちる灸だけ受かる」何てことになると、とても目も当てられない状態に(;´Д`)

自分は学生時代、「お灸」で食べていくぜ~と思ってたのでどちらかというと「お灸」を落とす恐怖がありましたが(;^ω^)

少し学生時代を思い出して、ほっこりしました( ´∀`)

【和歌山県有田郡湯浅町の鍼灸専門治療院】
腰痛、坐骨神経痛、病院等で治らない痛みは当院まで!

■安藤鍼灸院
和歌山県有田郡湯浅町湯浅2128-5

■HP:安藤鍼灸院ホームページ

■アメブロ:【和歌山県湯浅町】安藤鍼灸院のやいとblog【鍼灸・小児はり】

■Facebookページ:安藤鍼灸院Facebookページ

■ご予約は
TEL:0737-64-0089

MAIL:info@ando-hari-q.com

■開院時間
月~金曜日 9:00~20:00
土・日・祝日 8:00~11:30
※土日祝日は勉強会の為休診になる場合があります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする