毫鍼

今日は安藤鍼灸院で使ってる鍼(はり)の紹介です\(^o^)/

今日紹介するのはコチラ↓

豪鍼

毫鍼(ごうしん)です!(白~い綿花に刺さっているやつです。)

おそらく一番メジャーな鍼(はり)で、体に刺す鍼(はり)です。

見てわかるように、すっごく細いです!

安藤鍼灸院でメインで使っているのは、

0.18mm~0.24mmのモノで患者さんの体質に合わせて変えています。

美容鍼の場合はもっと細いものを使いますし、

症状によっては、ごくまれにもうちょっと太い鍼を使うこともあります。

0.18mmと言われてもイメージがつきにくいと思いますが、

大体髪の毛と同じくらいの太さです。(髪の毛は0.05~0.15mmらしいです)

画像の鍼の上にある鉄の棒は、鍼管(しんかん)と言って

鍼を体に刺す時に使います。

この管に鍼を入れて、トントンとするわけですね( ´∀`)b

鍼も鍼管も色々な材質があって、それぞれの特性があります。

その辺は書くと長くなりそうなので、また気が向いたときに!

ちなみに画像の鍼と、鍼管はどちらもステンレス製のものです。

そうそう!

鍼は使い捨てです。

『滅菌』と言って菌を無くす処理をとった後、

1つ1つ密封された状態で包装されてます。

使う時に、包装をあけ、使ったものはすぐ捨てるので感染の心配はありません。

鍼管は使い捨てでは無いですが、病院、歯科医などでも行なわれている『高圧蒸気滅菌』を行い利用しています。

今日は毫鍼(ごうしん)のお話でした。

読んでくれてありがとうございました\(^o^)/

安藤鍼灸院 アンドゥー

安藤鍼灸院HP http://ando-hari-q.com/

メールでのお問い合わせは info@ando-hari-q.com

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする