あなたの舌はどんな舌?

安藤鍼灸院では、治療前に舌をベーっとして見せてもらいます

不思議な顔をする患者さんが多いので、何を見てるか書こうと思います。

ざっと書くと

舌の形、色、歯型の有無、苔の色、量、異物の有無、舌裏の静脈を主に見ています

形は極端に細かったり、太かったりしないか、歯の痕が舌の縁についてないか?

色は赤みがかっているのか、青みがかっているのか、はたまた紫なのか?

苔の色は、白っぽいのか、黄色っぽいのか、灰色っぽいのか、黒っぽいのか?

苔の量は、文字通りどれくらいついてるのか、どこに偏って出てるのか?

異物の有無は、イチゴのようにぶつぶつができていないか等。

舌裏の静脈は、極端に膨らんでいないか?をそれぞれ見ています

東洋医学では舌の形で、身体の様々な状態を診ています。

形で体力の量。

色で身体に熱が溜まってるのか、それとも冷えが溜まっているのか?

苔の量や色で、病気の元の強さや性質(熱性、寒性)。

異物は、イチゴみたいになってるとストレスが溜まってるとか、明らかな異物だと、体内にも異物ができているのでは?と考えます。

舌裏の静脈の状態は、汚れた血の量を診ます。

舌だけでも、かなりの情報がとれるんですが、舌だけで判断すると合ってない場合もあるので、問診したり、身体を触ったりしてすり合わせていきます

もし興味がある方は、毎日自分の舌を見てみてくださいね

体調が良い時と、悪いときでは舌の状態が違いますよ

今日も日記を読んでくれてありがとうございました

安藤鍼灸院 アンドゥー
安藤鍼灸院HP http://www.ando-hari-q.com/
メールでのお問い合わせは info@ando-hari-q.com

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする