信じられない・・・。

今日はニュースの話です。

あまりにも信じられない内容なので、書かせてもらいます。

―原発から飛び散った放射性物質は東電の所有物ではない。

したがって東電は除染に責任をもたない。

答弁書で東電は放射能物質を「もともと無主物であったと考えるのが実態に即している」としている。無主物とは、ただよう霧や、海で泳ぐ魚のように、だれのものでもない、という意味だ。

つまり、東電としては、飛び散った放射性物質を所有しているとは考えていない。

したがって検出された放射性物質は責任者がいない、と主張する。

さらに答弁書は続ける。

「所有権を観念し得るとしても、 既にその放射性物質はゴルフ場の土地に附合しているはずである。つまり、債務者 (東電) が放射性物質を所有しているわけではない」

飛び散ってしまった放射性物質は、もう他人の土地にくっついたのだから、自分たちのものではない。そんな主張だ。

20111126_2647277

この言い分はあまりにもひどいと思うのですが、どうなんでしょうか!?

もっとNewsで報道して、色んな人たちにこの発言を知ってもらいたいです。

あまりにも人をなめてるとしか思えません。

日記を読んでくれてありがとうございました!

安藤鍼灸院 アンドゥー

安藤鍼灸院HP http://ando-hari-q.com/

メールでのお問い合わせは info@ando-hari-q.com

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする