トマト事件の続き。

昨日の日記で少しだけ、トマト事件に触れましたがその続きです
すでにトマトを取りすぎるとこうなるよってのが書かれてました

河田照雄教授は会見で「脂肪をドーッと燃やしてくれるものではない」「スリムになることを期待してもらっては困る」と念を押していたが、記事中では「河田教授は『人間の場合、毎食コップ1杯(約200ミリリットル)のトマトジュースを飲むことで同様の効果が得られる』と話している」と書かれている。

そこで、実際に毎食コップ1杯のトマトジュースを飲むとどうなるか・・・

ちなみに市販のトマトジュースのなかには毎食200mlずつ飲むと、摂取する塩分がナトリウム量換算で約2.4g相当となるものもある。この数字は、WHO(世界保健機構)が提唱する塩分摂取量の目安、1日5~6gの半分近くに相当する。

ダイエット?しようと思って塩分取り過ぎになるってどうなんでしょう
本末転倒だとは思いませんか
テレビやネットでは、受けの良い所だけ大きく取り上げて
本題をぼやかす時があります。
是非、本当の所はどうなのかというのに興味を持ってみてくださいね

んまぁ~、『呑んでるだけでダイエット効果がある』とかそんな旨い話があるなら、
太ってる人なんていないだろ~って言うのが個人的な意見です。
今回の記事は↓より転載です。
http://www.news-postseven.com/archives/20120218_88820.html

厳密に突っ込んでいくと野菜ジュースも、どうなん?って感じですが
今日の所はこの辺で

今日も日記を読んでくれてありがとうございました

安藤鍼灸院 アンドゥー
安藤鍼灸院HP http://www.ando-hari-q.com/
メールでのお問い合わせは info@ando-hari-q.com

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする