妊婦さんの食事とアトピー。

今日は、ネットで見かけたNewsの話題です。

『妊婦の食事、子どものアトピー発症に影響? 千葉大研究』
http://www.asahi.com/health/news/TKY201202180185.html

妊娠中の食生活が、生まれてくる子どものアトピー性皮膚炎の発症に影響する可能性が、千葉大の研究でわかった。納豆を毎日食べた女性の子どもは発症率が低く、バターを毎日食べた女性の子どもは高いという傾向が出た。18日に東京都内で開かれる食物アレルギー研究会で発表する。  2007~08年に千葉大付属病院などで出産した女性と、生後6カ月の子ども650組を分析した。2カ月以上かゆみを伴う湿疹を繰り返した114人(18%)が、アトピー性皮膚炎と診断された。子どもがアトピーと診断された女性とそうでない女性の間で、アトピーの有無や母乳育児の割合などに差はなかった。  納豆を毎日食べた女性から生まれた子どもは7%しかアトピーを発症しなかったのに対し、そうでない場合は19%だった。バターを毎日食べた女性の子どもは35%がアトピーを発症、そうでない子は17%だった。魚、マーガリン、ヨーグルトでは差が出なかった。

ということで、
毎日バターを食べた女性の子供は、他の食品に比べ、
アトピー発症率が上がるとの記事でした

記事では、マーガリンでは差が無かったとなっていますが
バターよりよっぽどマーガリンの方が体に良くないし、
子供にも悪影響を与えそうに思うのですが

マーガリンにはトランス脂肪酸が多く含まれ、
善玉コレステロールを減らすだけでなく、悪玉を増やし動脈硬化などのリスクを増やします。この辺に興味がある方は『マーガリン 危険』などで検索してみて下さい

最近テレビや、新聞でニュースがあると
すぐにスーパーから特定の食品が消える(トマト等)事件?があります。
テレビで効果があると言ってましたが、本当に望むだけの効果があるのでしょうか
逆にとりすぎた場合は、どうなるのでしょうか
(トマトが消えてるみたいですが、東洋医学では涼性の食べ物なので
食べ過ぎるとお腹が緩んだりすることがあるようです。)
何事もバランスが大事だと思います。

今日も日記を読んでくれてありがとうございました

安藤鍼灸院 アンドゥー
安藤鍼灸院HP http://www.ando-hari-q.com/
メールでのお問い合わせは info@ando-hari-q.com

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする