「呑み屋に行きなさい。」

生前父から「呑み屋に行って喋って来い」と何度か言われました。

父は呑み屋に行っては、誰彼かまわずに話しかけて、友達になっていました。

しばしば喧嘩もしてましたが(;´Д`)

呑み屋に言って、いろんな人と喋って知らん事を教えてもらう。

地の事であったり、仕事の事、辛い事、ネタは溢れかえってるし、色んな人の色んな事を勉強しろと言われました。

父の場合、普通にストレス解消とか、楽しみたいから言ってただけかもしれませんが笑

きっと、呑み屋に行く事に対してココまで理由を考えてしまう自分の固さや、コミュニケーション能力の低さを戒める為にも、そんな風に言ってたのかも知れません(;・∀・)

そんなこんなで、今日は小学生の頃から両親に連れて行ってもらってた呑み屋に行ってきました( ´∀`)

父が亡くなってからは自分は一度も行ってなかったけど、母が最近行ったら、父の訃報を聞いていたようで、香典を頂きました。

そのお返しも含めて、半年ぶりくらいに行ってきました!

相変わらず、その店の料理は旨い\(^o^)/

みもと 海鮮丼

値段相応のいいものを出してくれる(・∀・)(↑はイカ、いくら、ウニの三色丼)

隠れ家的なお店なので、お客さんは自分達と、あと1組のみ。

1組のお客さんもお酒が回ってて、色々な話をマスターとしていた。

酒が進むにつれて、こっちにもグイグイ話を振ってくる。

知らない話ばっかりで、たいした返しが出来ないけど向こうの方々のご好意で名刺交換させていただく事になった。

父は「呑み屋に行けば患者さんもいる。」と言っていたが、呑み屋であった人が患者さんになってくれた事もあったようだ。

呑み屋に行けば、知らない知識も勉強できるし、人に触れる事が出来る。鍼灸の適応範囲を伝える事が出来るかも知れない。

患者さんも増やせるかも知れない。

コレらは極論過ぎるけど、呑み屋という場所が問題ではなくて勉強する気持ちがあれば、どこでも、何からでも勉強できるって事を伝えたかったのかなぁ・・・。

といい風に親父を持ち上げてみる(゚∀゚)

なんにせよ、父にはまだまだ届かない事だらけだけど、とにかくできる事を少しずつやって行こう。

同じは無理だけど、自分なりのやり方で!

父親の話題が2夜続けてで申し訳ないです(;^ω^)

ではでは、今日も読んでくれてありがとうございました(*´∀`*)ノ

安藤鍼灸院 アンドゥー

安藤鍼灸院HP http://ando-hari-q.com/

メールでのお問い合わせは info@ando-hari-q.com

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする