風邪にご注意。

大分涼しくなってきましたが、皆様いかがお過ごしですか?

自分は風邪をひきました(´Д⊂グスン

冷房をつけてることが多いので、見事にやってしまいました。。

なんで冷房と風邪が何で関係あるのかって話を今日は書こうと思います。

先月から暦の上では秋になっています。

季節が変化していくのと同じく、それに対応するように身体の状態も変化していきます。

東洋医学の世界では、それぞれの季節にそれぞれ臓腑が割り振られています。

その季節には、この臓腑が影響を受けやすいといった具合です。

今は、秋なので、対応する臓腑は肺・大腸となります。
(春:肝・胆、夏:心・小腸、長夏:脾・胃、秋:肺・大腸、冬:腎・三焦)

肺は身体の表面を守るバリア(衛気)をつかさどってる臓器ともされてます。

外からの悪いものから守ってくれてるわけですが、秋になってくると、空気が段々乾燥してきます。

すると乾燥から身体を守るように、肺は頑張って働くわけです。

秋の乾燥気味な日々では、肺は常に頑張ってる状況。

そんな所に、冷房や冷たい風を送ってやるとどうなるでしょう。

普段から頑張ってるところに、もう一つ頑張らなきゃ行けない・・・。

負担になるんじゃないでしょうか??

この負担に負けると、バリアが破られるわけですから身体にとって良くないことが起こり始めます。。

カラ咳や軽い頭痛、悪寒や鼻づまりが起こり、風邪を発症!

っとまぁ、こういう具合で冷房と風邪が関係あるわけです。

秋に頑張ってる肺をさらに頑張らせて、結果ダウンさせることによって、バリアが壊れ病気に負けやすい身体を作ると。

自分なりの解釈なので、コレが全てではないと思いますが、自分はこういう風に考えます( ´∀`)ノ

少し難しくなったような気がしますが、今日も日記を読んでくれてありがとうございました

安藤鍼灸院 アンドゥー
安藤鍼灸院HP http://www.ando-hari-q.com/
メールでのお問い合わせは info@ando-hari-q.com

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする