あまいものと『脾臓』

最近夜遊びしてるアンドゥーです(゚∀゚)

昨日も夜、おいしいご飯を食べに行ってきました♪

デザートの盛り合わせが、すごいボリューム(゚д゚)!

甘い物

アンドゥーは男ですが、甘いものが大好きです。

よく「パフェ食べたい(*´Д`)」とか言ってます。

ただ甘いものを食べ過ぎると東洋医学で言う所の『脾臓』を傷めるのでほどほどにしなければ(;´Д`)

東洋医学で言う所の『脾臓』の働きは、大雑把に言うと

『食物から栄養を取り出して、それを元に元気の元を作って全身に送る』

というものです!

甘くて美味しいもの食べてご機嫌になっても、

それが過ぎると元気の元を作りにくくなるので、

だるくなったりして逆に体調悪くなっちゃいます(;^ω^)

お肌に影響(くすみ、吹き出物)が出たり、口内炎が出来たりもしますよ。

患者さんには、「甘いもの控えましょうね」と言ってますが、

自分も甘いものが好きなので、つい食べちゃう気持ちはわかります。

わかりますが、ほどほどにって事で心を鬼にして言ってるんです(;・∀・)

せっかくおいしいモノ食べても、体壊しちゃ意味無いですもんね!

何事も程々が肝心です。

読んでくれてありがとうございました。

今日は甘いものと、『脾臓』の関係のサラッとしたお話でした。

安藤鍼灸院 アンドゥー

安藤鍼灸院HP http://ando-hari-q.com/

メールでのお問い合わせは info@ando-hari-q.com

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする